うな重・天重用重箱・丼重

うな重、天重、かつ重に使用する重箱一覧

丼重とは、うなぎ屋さん、天ぷら屋さん、おそば屋さんなどで活躍する一人用の重箱です。ご飯と料理を一緒に盛り付けます。和食のご飯ものは、陶器の丼よりお重で頂くと高級感が向上します。江戸中期から明治時代は、庶民が食べるため陶器の「うな丼」だけでしたが、明治時代に上流階級のために高級な漆の重箱を使用して「うな重」ができたそうです。現在は、本漆塗り漆器は高価なので、業務用では殆どABS樹脂の生地に合成塗料が塗られた丼重が使用されています。本漆より取扱いが楽で丈夫です。フクジネット掲載品は全て定価の55%引きです。

うな重用重箱

フクジネット漆器・木製品>丼重一覧